医療脱毛と体調の関係

医療脱毛では、脱毛を受けられない条件も設けています。当日のコンディションによっても、施術できない場合がありますから、心得ておきましょう。例えば、風邪を引いて発熱しているときなどは、脱毛は控えておくのが適切です。意外なところでは、飲酒も関係しています。理由は、血流が上昇すると肌に刺激が伝わりやすくなり、炎症が起こってしまう可能性があるためです。

生理中や妊娠中にも、医療脱毛は控える必要があります。なぜなら、ホルモンバランスが乱れているために、肌の状態が悪くなったり、刺激を強く感じたりするためです。特に妊娠中には、刺激や緊張がストレスになりやすいため、高いリスクを伴います。脱毛を受けられるのは、肌状態を含めた体調が良いとき、ホルモンバランスが万全なときと認識しておきましょう。

まだまだ、医療脱毛を受けられない体調の条件は、いくつもあります。日焼けをしたり、脱色をしたりしてしまうこともNGです。日焼けは、脱毛前だけでなく、脱毛後にも避けなければなりません。脱毛の前日から1週間前に、予防接種や献血をするのもよくありません。ワクチンが体調を悪くすることがあるため、要注意です。極端な肌乾燥や炎症を起こしている場合にも、脱毛できないことがあるため、注意してください。